Copyright © 2014-2019 Harata Laboratory All Rights Reserved.

DNA損傷修復に関わる新規クロマチン機構を解明

August 28, 2014

DNAの損傷は、ゲノム情報の安定的維持においての脅威であり、適切に損傷が修復されない場合にはゲノム情報の変換や、染色体転座などが生じる。このようなゲノム不安定化は、がんなどの疾病を引き起こすことから、DNA損傷修復を正確に効率よく進めるためのメカニズムが真核細胞に存在する。そのメカニズムの一つとして、DNA損傷部位が核内で移動して特定の領域に配置されることが知られている。我々は、スイスFriedrich Miescher Instituteなどと共同で、このDNA損傷部位の核内配置に、INO80およびSWR1クロマチンリモデリング複合体が、異なった機能で寄与していることを明らかにした。この結果は、2014年8月21日号のMolecular Cell誌に掲載された。

 

SWR1 and INO80 Chromatin Remodelers Contribute to DNA Double-Strand Break Perinuclear Anchorage Site Choice

Chihiro Horigome, Yukako Oma, Tatsunori Konishi, Roger Schmid, Isabella Marcomini, Michael H. Hauer, Vincent Dion, Masahiko Harata, Susan M. Gasser

Molecular Cell 55, 626-639 (2014)

http://www.cell.com/molecular-cell/abstract/S1097-2765(14)00536-X

 

Please reload

Featured Posts

26th Wilhelm Bernhard Workshop on the Cell Nucleusにて、D2・高橋大輔がYoung Researcher Travel Awardを受賞しました。

June 20, 2019

1/9
Please reload

Recent Posts
Please reload

Search By Tags
Please reload