検索
  • labharata

転写サイクル合同班会議で、高橋がポスター発表


転写サイクル合同班会議2014(8月4日-6日、山梨)において、博士後期課程3年の高橋裕一朗がポスター発表を行いました。

INO80クロマチンリモデリング複合体による酸化ストレス応答遺伝子発現制御機構の解析

○高橋 裕一朗1、村上寛和1、加藤 恭丈2、Andrey Brydum2、Davide Bertold3、Raphael Gubeli3、西嶋 仁4、柴原 慶一4、五十嵐 和彦2、Christian Heinis3、原田 昌彦1

(1東北大・院農・分子生物学、2東北大・院医・生物化学、3EPFL・LPPT, Lausanne、4国立遺伝研)

#学会発表 #学会参加

4回の閲覧

Copyright © 2014-2019 Harata Laboratory All Rights Reserved.