検索
  • labharata

「冬の若手ワークショップ 2014」にて原田、高橋が発表しました


冬の若手ワークショップ2014磯部(転写研究会・転写サイクル・転写代謝システム共催、2014.01.30~2014.02.01)にて原田およびD2の高橋裕一朗が口頭発表しました。

「酸化ストレス応答性転写制御におけるINO80複合体の機構解析」

○高橋 裕一朗1、加藤 恭丈2、Andrey Brydum2、Bertoldo Davide3、Raphael Gübeli3、西嶋 仁4、五十嵐 和彦2、Christian Heinis3、柴原 慶一4、原田 昌彦4(1東北大・院農・分子生物学、2東北大・院医・生物化学、3EPFL・LPPT, Lausanne、4国立遺伝研)

「ヒストンバリアントH2A.Zノックアウト細胞を用いた転写制御機構の解析」

日下部将之1、松田涼1、堀哲也2、深川竜郎2、○原田昌彦1(1東北大・院農・分子生物学、2国立遺伝学研究所)

#学会発表 #学会参加

7回の閲覧

Copyright © 2014-2019 Harata Laboratory All Rights Reserved.