Featured Posts

December 7, 2019

第42回日本分子生物学会年会(12月3日-6日、福岡)

早老症細胞における核内アクチン動態変化の解析

〇髙橋祐人1、町田奈々子1、Tom Misteli2、Robert Grosse3、宮本圭4、原田昌彦1

1東北大・院農、2 NIH、3 University of Marburg、4近畿大・院生物理工

ヒストンバリアントH2A.Z のクロマチン導入部位決定機構解析
○Daisuke Takahashi1, Saho Kitagawa1, Arisa Oda2, Ryo Kariyazono2, Yukako Oma1, Kunihiro...

October 26, 2019

細胞核内のアクチン繊維形成によるゲノム機能制御解明と人為操作の試み

○上野佑也1、町田奈々子1、山本浩志1、山崎祥他2、原田昌彦1

1東北大・院農、2理研・テラヘルツイメージング研究チーム

https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2019/11/news20191111-02.html

https://tohoku-univ.ox-tv.co.jp/event/terahertz-light-research20191023/

東北大学&理研 第1回ワークショップ『テラヘルツ光研究の新展開と産業応用への展望』

201...

September 14, 2019

ヒストンバリアント H2A.Z 機能構造の進化的保存性の解析

◯北川紗帆 1、日下部将之 2、奥 裕之 1、高橋大輔 1、成宮 巧 1、 中林 悠 3、関 政幸 3、原田昌彦 1

1 東北大・院農、2 神戸大・バイオシグナル総合センター、3 東北医薬大・薬

DNA損傷損傷部位-核膜孔複合体間相互作用の損傷誘導的コヒージョンへの関与

◯尾間 由佳子1,2、折原 行希1、高橋 大輔1,3、小西 辰紀1、原田 昌彦1

1東北大・院農・分子生物、2学振特別研究員(RPD)、3学振特別研究員(DC1)

酵母遺伝学フォーラム第52回研究報告会

2019...

July 1, 2019

第19回日本蛋白質科学会年会 第71回日本細胞生物学会大会 合同年次大会(6/24(月)-26(水)、神戸)にて学振特別研究員RPDの尾間由佳子がポスター発表を行いました。

1P-227
DNA 損傷により誘導される姉妹染色分体間接着へのコヒーシンSUMO化と核膜孔複合体の関与
○尾間 由佳子、折原 行希、高橋 大輔、小西 辰紀、原田 昌彦...
もっと見る

June 20, 2019

日本生化学会東北支部 第85回例会・シンポジウム(2019/6/8~9)

転写制御及び抗体遺伝子多様化におけるヒストンバリアントH2A.Zアセチル化修飾の寄与
〇伊藤汰凱1、高橋大輔1、日下部将之2、原田昌彦1
1東北大学 大学院農学研究科、2神戸大学 バイオシグナル総合研究センター

http://www.jbs-tohoku.jp

June 20, 2019

26th Wilhelm Bernhard Workshop on the Cell Nucleus (2019/5/20~24, Dijon, France)

Daisuke Takahashi
Common and distinct roles of the isoforms of histone variant H2A.Z in transcriptional regulation

受賞によりポスター発表に加えて口頭発表を行いました。

June 20, 2019

日本農芸化学会2019年度年次大会(3/24~3/27、東京)

3E3p12 : 二重環状ペプチドを用いたINO80クロマチンリモデリング複合体機能の人為制御
〇原田 海1,秋山祐亮2,高橋裕一朗2,町田奈々子2,HEINIS Christian3,原田昌彦1,2 (1東北大農,2東北大院農,3EPFL LPPT)

3E3p13: 脊椎動物ヒストンバリアントH2A.Zのアイソフォーム間での転写制御機構の差異の解析
〇荻原 望1,高橋大輔2,日下部将之3,原田昌彦2 (1東北大農,2東北大院農,3神戸大バイオシグナル総合研究センター)

May 31, 2019

26th Wilhelm Bernhard Workshop on the Cell Nucleus (2019/5/20~24, Dijon, France)

Masahiko Harata
Roles of actin family proteins in chromatin and nuclear functions

Daisuke Takahashi
Common and distinct roles of the isoforms of histone variant H2A.Z in transcriptional regu...

February 5, 2019

第 36 回 染色体ワークショップ・第 17 回 核ダイナミクス研究会( 1 月 23 日(水)〜 1 月 25 日(金)、 宝塚市)

O-28: ヒストンバリアント H2A.Z のクロマチン導入部位決定機構解析
○高橋大輔1、北川紗帆1、小田有沙2、仮屋園遼2、尾間由佳子1、太田邦史2、原田昌彦1
(1東北大・院・農、2東大・院総合文化)

ST-13:ヒストンバリアント H2A.Z 機能構造の進化的保存性の解析
○北川紗帆1、日下部将之2、奥裕之1、高橋大輔1、成宮 巧1、中林 悠3、関 政幸3、
原田昌彦1(1東北大・院農、2神戸大...

Please reload

原田昌彦准教授が教授に昇進しました

January 1, 2020

1/10
Please reload

Recent Posts
Please reload

Search By Tags
Please reload

Copyright © 2014-2019 Harata Laboratory All Rights Reserved.