出芽酵母を用いたクロマチン動態、細胞老化・若返りの研究

令和2年10月に堀籠が着任し、出芽酵母を用いたクロマチン動態、細胞老化・若返りの研究をスタートしました。リボソームRNA遺伝子(rDNA)は地球上のすべての生物が持つ巨大な反復遺伝子です。この遺伝子領域がDNA二本鎖切断を受けて不安定化すると、細胞老化が引き起こされることが知られています。我々は、損傷を受けたrDNA(患者)が修復の行われる場所(病院)まで自ら移動して安定化されることを明らかにしています(図1)。このようなクロマチン動態とその時空間的制御に関する解析から、ヒトにまで保存された老化と若返りの機構を解明したいと考えています。

rDNA reloc, 210330v7.tif