IMG_9284
IMG_9284

press to zoom
2022年度メンバー
2022年度メンバー

press to zoom
青葉山キャンパスの虹
青葉山キャンパスの虹

press to zoom
IMG_9284
IMG_9284

press to zoom
1/7

 

こんにちは、分子生物化学分野です


研究の概要
DNAとヒストンによって構成されるクロマチンの構造、およびクロマチンと細胞核との相互作用がゲノム機能制御に重要な役割を果たしています。このような、クロマチン・細胞核によるゲノム機能制御は「エピジェネティクス」とよばれ、発生・分化・老化・疾病などの高次生命現象と密接に関連しており、またエピジェネティクス機構の破綻はガンなどの疾病を引き起こします。最近では、農畜水産物の生産や育種や、食品機能性評価にエピジェネティクスを応用することも進んでいます。したがって、エピジェネティクスの分子機構を解明し、人為的な制御方法を探索することは、農学・医学・薬学分野への幅広い応用につながります。本分野では、エピジェネティック機能の解明とその応用を目的として、研究を行なっています。


キーワード
エピジェネティクス、ゲノム、クロマチン、ヒストン、アクチン、DNA損傷修復、リボソーム、細胞核、核膜、老化・若返り

スタッフ紹介
教授 原田昌彦
助教 堀籠智洋